学生達とパソコン

主な仕事内容

ウェブ関連の仕事は様々ありますが、その1つがウェブデザイナーです。名前の通り、ウェブサイトをデザインする仕事です。
デザイナーだからといって、ただ見栄えが良い物や、デザイン性が高い物を作れば良いというわけではありません。
作成するサイトがどういうことを伝えたいのか、というコンセプトに合ったデザインを作ることが重要なのです。
また、利用者が使いやすくなくてはなりません。
デザイナーと聞くと、自身の個性、才能を発揮して行なう仕事と思われがちですが、ウェブデザイナーの場合はチームの1人で作成に取り組みます。
取得しないといけない資格というのは特に無いのですが、ウェブデザイン技能検定を取得しておくと就職の時に役に立ちます。
ただ、実際は資格だけではなく、実力や利用者の目線になれるかということが最も大切です。

資格を取得することで活躍できる場面はありますが、会社の規模によって仕事内容は変わるので注意が必要です。自分が思っていた仕事とは異なる場合があります。
大手製作会社、中小製作会社では仕事内容が異なります。
中小企業では、デザイナーがお客様と一緒に設計を考えることがあります。そのため、幅広く仕事することができるメリットがあります。
対して、大手企業ではデザインの仕事に専念することができるメリットがあります。
資格を取得することで、デザイン関連のことを学べるので、中小企業、大企業どこでも役に立ちます。

デザイナーになるために、独学で資格を取得して、デザイナーの仕事に就く方法があります。
独学でも十分資格取得はできますが、独学だけで学べないことがたくさんあります。
効率良く資格を取得したりデザインの勉強をしたりしたいのであれば、学校に通って学ぶと良いでしょう。

1日

資格を取得しておくことで、ウェブデザイナーとして働く時に便利ですが、仕事の流れを把握しておくことも大切です。仕事の方針が決まったら、デザイン草案を作成していきます。サイトができたらプレゼンテーションを行います。

検定

ウェブデザイナーとして働くために、必要不可欠な資格はいりません。ただ、資格として持っておくと役に立つものはあります。それは、ウェブデザイン技能検定です。これは、ウェブ業界で唯一の国家検定です。

給料

ウェブデザイナーとして働く上で気になるのが、給料です。勤務先によって異なりますが、中小企業が多いので高い給料をもらえる人は少ないです。平均年収は300万円~400万円程度です。資格の有無ではなく、実力の有無で給料は変わります。